キャンプ

防災グッズは普段の生活でも活躍する

 

近年、地震や大雨などの災害が多くなっている。

防災グッズは、いざという時の為に家に備えておく必要があります。

けれど、、、

防災のためだけにモノを購入することに抵抗がある。。。

 

その気持ち、分かります。

特に、断捨離を進めていてミニマリストの方は当然思うことである。

その様に思う理由は、

●●だけのために買い、●●だけのために家に保管しておく

ということに抵抗を感じているのだと思います。

●●のためでなく、普段から使えるモノを選べば良いのです。

 

防災グッズは、日常生活でガンガン使える

防災グッズは、日々の生活でガンガン使えるのです!

①日々の生活でガンガン使う

②生活で楽しみながら使える

③普段から使うことで、道具の扱いに慣れる。

これ、もう防災訓練になっています。笑

 

例えばどんなものがあか例を挙げると、、、
・カセットコンロ、バーナー
・リュック
・ライト
・防災用の食糧

 

例を挙げるとたくさんあります。

例えば、

【カセットコンロ】鍋料理などで使える

【リュック】普段の買い物などで使える

【ライト】普段の生活で使える

【食糧】缶詰やアルファ米、普段から食べられる。

 

専用として買うのではなく、普段から使えるモノを買うことがポイントです。

デザインなど、普段から使えそうなモノを買えば、

いざ災害の時であっても、多少は普段の気持ちを保つ切っ掛けになるはず。

 

食糧に関しては『ローリングストック』という考え方があります。

ローリングストック法とは
①食材を普段の生活で使う分よりも少し多めに買っておく。
②日々の生活で古いモノから使い、消費した分だけ新たに買い足す。
③この繰り返しで、食糧を常に一定量備蓄している状況を作る。

お米、缶詰、シリアル(フルグラなど)、ビスケット、、、

など、賞味期限の長いモノはローリングストックで備蓄することができます。

 

 

 

 

食べ物は、人が行きる上で最も必要なものです。

いずれにしても普段の生活で食べることができるので、

多めに備蓄しておきましょう。

 

防災グッズはキャンプギアになる

この話の流れで既になんとなくお気づきの方もいらっしゃると思いますが、

防災グッズはキャンプ道具としても使えるのです。

①日常生活で使う。

②アウトドア(キャンプやバーベキュー)で使う。

③いざと言う時の防災グッズとして使う。

 

要するに、普段から使うってことです!笑

普段使っているモノをちょいと違ったモノ(丈夫はモノ)に変えるだけで、

普段から防災に備えることができるのです。

 

キャンプギアを買って防災グッズにしたら良い!

さらに言うと、キャンプ道具を普段から使っても良いのです。

キャンプなどのアウトドアが趣味である方であれば、最高ですね。

 

 

 

趣味の道具を普段から使う。

普段の生活がアウトドアに近づき、私生活を楽しむことに繋がります。

キャンプ道具には様々なモノがあり、どれもとても丈夫で長持ちします。

普段からガンガン使えるのです。

 

・併用して使えるモノを買えば、専用品を買う必要は無い
・色々な用途でガンガン使うことが、結果的に節約へつながる

 

出費は抑えながら、効率よく生活していきましょう(^^)/