節約術

【節約】買い物の商品選びで節約に差をつける

 

『普段の買い物で商品の選び方で、節約に大きな差をつける』

ことについて書きます。

 

日常の生活であったり、趣味であったり、お仕事で、

必要なモノが出てくると買い物へ行きます。

そこで商品の選び方次第で、今後の節約に大きな差が出ます。

商品選びを工夫することで、節約に大きな差をつけて、貯金をたくさん貯めていきましょう!

 

①商品選び


必要モノ、欲しいモノがあると、より良いものを欲しくなるものです。

『より良いモノ』を選び始めると、、、

モノ・コトをより効率的に「する・楽しむ」ために、候補に専用品がたくさん出てきます。

モノ・コトをより充実させるために専用品を買うことは悪くありません。

しかし、場合によっては買わない方が良いのでは、、、  というような場合もあります。

『使用頻度が少ない』『ほどんど必要でない』ものを買わないということは、

『断捨離』にもつながることです。

本当に必要であるか、、、 見極めが大切です。

(1)専用品を買う? 普段使うもので代用する?

専用品を買うか、普段使うものを使う(購入)して代用するかは、

買った場合の使用頻度で考える必要があります。

例えば、

5,000円出して購入した専用品を、年に1回使うのか10回使うのかによって意味が変わってきます。

パターン 金額 期間 使用頻度 金額/使用頻度(1回)
5,000円 12カ月 1回 5,000円
5,000円 12カ月 5回 1,000円
5,000円 12カ月 10回 500円

 

購入して数回しか使わないのであれば、1回当たりの単価がとても高くなります。

購入頻度が多ければ多いほど、1回当たりの単価は低くなりお得です。

使用頻度が多ければ多い程、費用対効果が高くなるのです。

年に1回程度の使用頻度であれば、今持っている物で代用するべきで、

10回使う予定があるのであれば、専用品を購入して使った方が時短にもつながり、結果お得になります。

(2)むやみな節約で、得るモノが減る場合がある

状況の寄って判断するべきで、

節約家だからと言い「何も買わない」では、逆に損する場合もあります。

パターン 金額 期間 使用頻度 金額/使用頻度(1回) 効果 使用頻度×効果
5,000円 12カ月 1回 5,000円 5 5
5,000円 12カ月 5回 1,000円 5 25
5,000円 12カ月 10回 500円 5 50

使用頻度が多ければ多いほど、
①単価が安くなり ②得る効果が大きく なります。

(3)『普段使い品』『専用品』の具体例

『普段使い品』と『専用品』は、具体的にどのような場合をいうの?

という疑問があると思いますので、具体例を挙げてみます。

シーン 普段使い品 専用品
キャンプ 家庭用カセットコンロ キャンプ用バーナー
キャンプ 懐中電灯 ランタン
ランニング スニーカー ランニングシューズ
ストレッチ ブランケット ストレッチ用マット
トレーニング 動き易めの服 トレーニングウエア
写真 スマホカメラ 一眼レフ

 

③まとめ

使用頻度が少ないのであれば、大きな出費をしても得られる効果が小さいのです。

一方、使用頻度が多ければ、多少高い買い物であっても、

1回当たりの単価が安くなり、得られる効果がとても大きくなるのです。

【GOOD】状況に応じながら出費して、貯金を増やす
【 NG 】状況に関わらず出費を選らして貯金する

状況に応じて、

『普段使いのモノで代用する』

『専用品を買って、効率を上げることで得られるモノを増やす』

の様に判断することで、①楽しく②効率的に節約していきましょう!